必見!婚約指輪について知っておきたい基礎知識

婚約指輪と結婚指輪について

婚約指輪は婚約の証として男性から女性にプレゼントする指輪のことです。結婚式の際に新郎新婦で交換する結婚指輪とは、全く異なる指輪です。日常的に身に付ける結婚指輪はシンプルな指輪を選ぶことが多いですが、婚約指輪は宝石が付いた装飾性の高い指輪を選ぶことが多いです。昔は婚約指輪は給料の3か月分などと言われていましたが、現在はあまりそのような基準はありません。概ね30万円程度が婚約指輪の相場となっております。

婚約指輪はプロポーズの際に渡すべきか

婚約指輪はプロポーズの際にサプライズで渡すイメージが強いです。確かにドラマや映画などでは、そのようなドラマティックな演出がされていますが、実際は婚約後に二人で購入しに行くケースが多いです。サイズやデザインの好みなどの違いがありますので、男性一人で選ぶことは中々難しいです。仮にサプライズで渡したとしても、サイズが合わなかったりするケースがありますが、女性側も折角高価な物をもらったので気を使って、男性に伝え難いことがあります。サプライズで渡すにはそのようなリスクもありますので、二人で購入しに行くことも得策です。

結納の際に婚約指輪を渡す

婚約指輪を渡すタイミングとしては、結納の時があります。結納とは、プロポーズをしてから結婚するまでの間に、両家の親族が集まって正式な結婚の約束を交わすことです。その際に、婚約指輪を渡すケースも多いです。中には、結納の前に婚約指輪を渡すことに対して、難色を示す親族も居りますので、結納の際に渡すことはベストのタイミングとも言えます。もし、結納が行われない場合は、両家の親族が参加した食事の席などで渡すことも選択肢としてあります。

婚約指輪を選ぶ基準として、販売価格や材質、宝石などの有無などがあり、十分に各店舗の実物をチェックすることが大事です。