最近になって人気急上昇!親族だけの結婚式の魅力

結婚式の目的を確かにする

結婚式とはこれから夫婦となる二人にとってけじめとなるものであり、親しい人を招いて祝福される、そして関係を認めてもらうものになります。それゆえ過去は多くの人を招待することが多かったのですが、最近は身内のみだけといった形が増えてきています。その理由としては経済的な事情もありますが、気を遣って疲れてしまうよりも、本当に自分たちのことを祝福してほしい人たちに出席してもらいたいと願うもので、それこそが式のあるべきものなのです。

アットホームな式を望むケース

そして親族だけの結婚式を望む場合は他にもあって、アットホームな式をあげたい場合などはそうすることが多くなります。手作りの結婚式に憧れを抱いている女性は意外と多く、そういう時には多くの人を呼ぶと対応が難しくなってしまうので、本当に招きたい、祝福されたい相手である親族だけを招くことが多くなっているのです。最近はそのための式場も多くなっていますので、選択肢が増えて好みの式場を見つけることが可能となります。

細かい気遣いができます

少人数のメリットは他にもあって、親族だけ、少ない人数ならそれぞれに対応した細やかな心遣いをすることができるのです。特に披露宴や食事会があった場合、それぞれの好き嫌いに応じることができますし、ゲストカードも既製品ではなく、それぞれに向けてメッセージを添えたりすることができるのです。そういった強い結びつきが可能になることこそ結婚式の醍醐味であり、自分たちの関係を認めてもらうと同時に、親睦を深めることができるのです。

結婚式なら親族のみというプランも最近は増えています。親族のみの挙式では職場の人の余興やスピーチ等がなく、両家親族で気兼ねなくゆっくり食事を楽しみながらお祝いができます。